手湿疹の特徴



手湿疹は完治まで長い期間を要する

 

 

手湿疹は一度かかってしまうと、完治させるまでに長い期間がかかってしまいます。素手で水やシャンプーなどを触らないというケアも必要となってきます。なぜ手湿疹になってしまうのか原因ははっきりと特定されていません。原因がはっきりと分からないという事も、治療を長引かせるひとつの要因となっているようです。

 

 

手湿疹は症状が出やすい環境なども関係してきますので、原因を作らないよう毎日の生活に気を配る必要があります。手湿疹は主婦湿疹とも呼ばれるほど、多くの女性がかかる病気となっています。洗濯洗剤や食器用洗剤などを素手で使用することで、手湿疹になりやすくなってしまうのです。ゴム手袋などを利用して素手では触らないよう気を付けましょう。

 

 

また、紙やセロハンテープなどの摩擦によっても、手湿疹の症状が出る場合があります。事務関係の仕事などで毎日紙やセロハンテープに触るという人は注意が必要となります。手や指の皮脂が乾燥しやすくなり手湿疹になりやすくなるのです。元々アトピーなど肌のトラブルを抱えている人も手湿疹になりやすいと言われています。

 

 

乾燥肌の人も手湿疹になりやすいので気をつけましょう。普段から水に関係する仕事をしている人は、特に注意が必要となりますのでしっかりケアするようにしましょう。調理師や美容師なども注意が必要です。水だけではなく洗剤も多く利用しますので、ゴム手袋を利用したりしっかり洗剤を洗い流すなどのケアを心がけましょう。